口の横がーー。

いわゆる口角炎が出来て、痛いです。
そして、それが広がって、みっともないです。なんとかしたいー。

口角炎とは、その名の通り、口の両端である口角に炎症が起こる皮膚疾患のことをいいますね。
症状としては亀裂が生じることが特徴で、その他、びらんや腫れ、出血。

出血後はかさぶたになって白い点が粒状に現われる場合もある。
口角炎のかさぶたは剥がれやすいこともあって、完治が長引く、、、嫌だぁ。

かさぶたになったら、なるべく大きく口を開けない、
舌で触らないなど注意が必要です。

あーでも、舌でなめちゃったりするんだよねー。

ビタミンB6不足でもなります。
B6って何を食べたらいいのか。。。。??

唾液の量が多いとなりやすいけど、、、唾液も出してたのかなー。
食べすぎてたなー・・・・(思い出す)・・・・。

食べすぎか。。。(思い当たった?)。。。気を付けよう。

キッチンが暖かい

オーブンを使っているとキッチンって暖かい。
ずっとそこにいたいって思う。

鍋をしていても部屋全体が暖かくなるけど、窓がってきたりもしますね、
でもオーブンはそんなことない。
なので好きなのですが、オーブンの料理って待ってる時間が長くて面倒。
でも、冬に暖かくなるキッチンで読書でもしながらならいいですね。

オーブンのある家っていいな、と思う瞬間です。

オーブンで出来ることって多くて、お菓子作りもそうだし、
料理もオーブンがあるとぐーんとレパートリーが増えます。
活用しないと損ですね。あれば、ですけど。
ない家がほとんどなのではないでしょうか。
もし新しい家に引っ越すとしたら、オーブンのある家か、
おービンを入れてしまうとかもありですね。

オーブンのある家に憧れる人って多い。
私もそうでした。
今、オーブンのある家にいて、本路頭によかったと思っています。

冬は特にね。
本当に暖かいです。

少ない?

旦那さんが月に10万円しか生活費を入れないっていう奥さんの愚痴がありました。
子供がふたりで、でも家賃と光熱費は払ってくれているんですって。
だったら普通では?
給料が少なかったらそんなものでは?
多いのにくれないとか、旦那さんはお金をいっぱいるかって、
例えば浮気とかギャンブルとかに走ってるならともかく、
出来ない金額ではないですね。

そりゃ好きなものは買えないかもだけど、それくらいで生活してる人っていますよ。

奥さんも働けばいいのでは?
いろいろな意見があると思います。

少ないって言う前にちゃんと話し合って、今どういう状況なのか明らかにしたらいいのだと思うのです。
旦那さんもお小遣いがないのかもだし、
給料が少ない場合はもうどうしようもないですね。

20万でやりくりしてる人って多いと思うけどどうでしょう?
お金だけのことで夫婦の仲がおかしくなるなんてのもおかしい。

話し合いましょう。
それからですね。

今はどうなのか^^?

今はどうか知らないし、あまり興味がなかったので古い情報ですみません。
あの、
あの、船越さんの話題です。

松居一代さんとの泥沼離婚騒動の影響で、
船越英一郎さんが海外での仕事ができない可能性が浮上していたんですねー。
船越さんのパスポートを松居さんが持っているためで、
現在は国外に渡航できない状況とあって困り果てている。

ハワイに愛人がいるとかいう噂がありましたからね。
でも相手が日本に来てたら会えたりはする、、。

生放送のため長期間の海外渡航はできないけど、
日本から近いアジアなどで短期間の仕事ならば可能だ。
船越の知人は「近いうちに海外での仕事があると聞いてます。
今後のこともあるので取り戻すことはできないものか、と困っていたみたい、そりゃそうでしょう。
「心労が重なって疲労の色が隠せない」
らしい、、、大変ですーー。

パスポートは船越が衣装部屋としている別居先マンションに保管されていて、
松居さんがその部屋に入った際、船越の"恐怖のノート"2冊とともに持ち出したとか。

今はどうなっているのでしょう。

なんだかコワイね、これ。

フーム。

ふーむ、、、ではなくてWhom。
英語ですね。
これが最近は使われなくなってきたとか。
でも確かにそうかもです。

どんな場合に「whom」を使うのが適切なのか。
その語が前置詞ないし動詞の目的語になるときですね。
その一例がヘミングウェイの小説のタイトル「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)」というわけ。
その語が文あるいは節の主語の役割を担うときは「who」を選ぶ。

英国のバンドの名前が「The Who」ではなく、「The Whom」だったら、
その音楽を聴きたいと思うだろうか。
同じように、映画「ゴーストバスターズ」の有名な主題曲の歌詞「Who ya gonna call?」が
「Whom ya gonna call?」だったら、そして、ボ・ディドリーの有名な曲「Who Do You Love」が
「Whom Do You Love」だったら、果たしてヒットしていただろうか。

文法通りじゃないからこそいいのだ、ってこともある。

口語で使うことはあまりない気がするけど、映画では時々出てきますね。

この、WhoとWhomを調べてみるのも面白いかもです。

ヨガティーチャーになるには

ヨガのインストラクターになるには、特別な資格はいりません。
でも、勉強しなくてはいけない事もありますね。
身体のことを知らないとコワイ、危険ですから。

資格で有名なのは全米ヨガアライアンス。
全米ヨガアライアンスとは、米国を拠点とした、ヨガティーチャーに特化した非営利の会員協会で、
協会の本社はバージニア州アーリントンに所在してます。

現代、各スクールやスタイルにおける認定等はあるものの、
全世界で共通したヨガティーチャーの資格というものがないため、
全米ヨガアライアンス協会は、レベルごとにトレーニング基準を設けることによって
最低限のティーチャーレベルの指標を定めています。
これをとったからってすぐに立派なインストラクターになれるかっていえばそうではないですが。

やっぱり経験を積まないと、ですよねー。

"世界中、どこを探しても受けられないオンリーワンなヨガティーチャートレーニング" 
ヨガのインストラクターを目指される方や、全米ヨガアライアンスの資格取得を考え中の方、
また、ヨガを本質的に、かつしっかり基礎から分かりやすく学びたい!という方は、
全米ヨガアライアンス、と打てば

腐るほど出てきます!!!!
頑張ってくださいね。

インド人の不思議

インドの話をしていて、鼻から水を流す医学があるという話で、その道具が欲しいって友人がいうのです。
あれって、やり方を知らないとおっかないよね。
ヒンドゥー語でジャラ・ネティと呼ばれる方法で、片方の鼻から水を入れて、もう片方の鼻からその水を出しますが、
どこでどうやってやるのだ、ってことですわ。

お風呂場とかで?

インドの伝承医学では、夜眠っているうちに全身の毒素が口や鼻に溜まるという考え方があります。
そのため、それを浄化するためにおこなうのです。
今流行しているココナッツオイルでのうがい(オイルプリング)も、
元はインドで朝ごま油を使っておこなわれていたうがいを真似たものですね。

さて、鼻のほうのやり方ですが、よく写真では地べたに座って顔を上にあげてやっているのがあります。
そんな写真があるんだからあーやってやるのでしょう。

コツは塩水を使うこと。
そうすると洗浄がよりいっそう強くなるとか。
1日一回以上やること。
一回で充分な気がしますが・・・笑

でもこれを習慣にしたらアレルギーとかふっとびそうですね。
鼻水がすごい出るのでいいかもしれません。
ということで、これ、やってみようかなーって思っています。

離婚の原因

まわりの離婚した人たちに原因を聞くと、もちろん1つじゃないことは承知してますが、
実にくだらないことだったりする。
そういうくだらないことの積み重ねが離婚になるのだろうね。

ドレッシングを冷蔵庫から出してもそれをしまわなかった、だから離婚、というのもありました。
でもこれって、それそのものが嫌になったわけではなくて、
きっと積もり積もったもの。
注意しても直らないクセっていうのはありますからね、でも注意されたら

直そうよーーー!!

直そうという努力がないから積もっていくのですよ。
多くは女性が男性に三行半をたたきつけるケースが多いらしいです。
そりゃそうでしょうね、家事を背負ってるのはだいたいが女性です。
家のなかがきちんとしてない生活って耐えられないんですよね。

積もり積もって爆発しないように、いくら夫婦でもちゃんと気を付けるべきところは気をつけないと。
世の中の男性、聞いてますかー?
なぜか男性は離婚したくないって人が多いですよね、でもだったら、
ちゃんとしましょう。
何が嫌なのかちゃんと聞いて、直せるところは直すべし、です。

くだらないことなのですが、ようは
積み重ね!!!!
なのですよ。

ココナツオイル

最近注目を集めているココナツオイル。
実は私も大好きです。
料理に使う場合は、それでも太ってしまうのかな?って思ってましたけど、そんなことはありません。
髪の毛とかにツヤが出てきますよ。
ダイエットにもいいみたいです、現在私はダイエットしてないので分からないのですが、
多くの人がそう言ってます。
他のオイルを使うならココナツオイルにしてみては、ということなのだと解釈してます。

ココナッツオイルダイエットのやり方は一日3~4杯程度、
コーヒーなどの飲み物に入れて飲むだけととても簡単な方法です。
すぐにダイエット効果を得るというよりはじわじわとダイエットしていく感じですが、
便秘解消や美肌効果もありますので、特に女性におすすめです。

女性は便秘ぎみですからね。

ココナッツオイルは免疫力を高めるとも言われているので、
ダイエット中に体調を壊してしまうなどの心配もあまりしなくていいので、
ココナッツオイルダイエットはいいとこどりのダイエットだと言えると思います。

ダイエットとしてはどう使うのか、はよく分かってません、あしからず。

ゴルフ

時々、「ゴルフはスポーツか?」なんて議論がされるみたいですけど、
私も「うんうん、その議論はして正解!」って思います。
ゴルフってスポーツなの?


とある人が安倍首相に
ゴルフは娯楽か?スポーツか?接待か?
と質問したことが取り上げられていました。

その番組では視聴者からの意見をメールで受け付けています。
わたしは今まで一度もメールを送ったことはありませんでしたが、「ゴルフは娯楽か?スポーツか?」については
なんだかメールしたくなったものです。

ゴルフってスポーツなの?って思ったのはだいぶ前ですが、
ゴルフを知れば知るほど、
スポーツ???の考えが離れなくなります。

でも反論する人ももちろんいて、
すごい疲れる
とか
ルールに沿ってやってるからスポーツだ
とか、
いろいろでした。

あなたはどう思いますか?
ゴルフが好きでやってる人は「スポーツだ!」って言うんじゃないかな。