インド人の不思議

インドの話をしていて、鼻から水を流す医学があるという話で、その道具が欲しいって友人がいうのです。
あれって、やり方を知らないとおっかないよね。
ヒンドゥー語でジャラ・ネティと呼ばれる方法で、片方の鼻から水を入れて、もう片方の鼻からその水を出しますが、
どこでどうやってやるのだ、ってことですわ。

お風呂場とかで?

インドの伝承医学では、夜眠っているうちに全身の毒素が口や鼻に溜まるという考え方があります。
そのため、それを浄化するためにおこなうのです。
今流行しているココナッツオイルでのうがい(オイルプリング)も、
元はインドで朝ごま油を使っておこなわれていたうがいを真似たものですね。

さて、鼻のほうのやり方ですが、よく写真では地べたに座って顔を上にあげてやっているのがあります。
そんな写真があるんだからあーやってやるのでしょう。

コツは塩水を使うこと。
そうすると洗浄がよりいっそう強くなるとか。
1日一回以上やること。
一回で充分な気がしますが・・・笑

でもこれを習慣にしたらアレルギーとかふっとびそうですね。
鼻水がすごい出るのでいいかもしれません。
ということで、これ、やってみようかなーって思っています。

離婚の原因

まわりの離婚した人たちに原因を聞くと、もちろん1つじゃないことは承知してますが、
実にくだらないことだったりする。
そういうくだらないことの積み重ねが離婚になるのだろうね。

ドレッシングを冷蔵庫から出してもそれをしまわなかった、だから離婚、というのもありました。
でもこれって、それそのものが嫌になったわけではなくて、
きっと積もり積もったもの。
注意しても直らないクセっていうのはありますからね、でも注意されたら

直そうよーーー!!

直そうという努力がないから積もっていくのですよ。
多くは女性が男性に三行半をたたきつけるケースが多いらしいです。
そりゃそうでしょうね、家事を背負ってるのはだいたいが女性です。
家のなかがきちんとしてない生活って耐えられないんですよね。

積もり積もって爆発しないように、いくら夫婦でもちゃんと気を付けるべきところは気をつけないと。
世の中の男性、聞いてますかー?
なぜか男性は離婚したくないって人が多いですよね、でもだったら、
ちゃんとしましょう。
何が嫌なのかちゃんと聞いて、直せるところは直すべし、です。

くだらないことなのですが、ようは
積み重ね!!!!
なのですよ。

ココナツオイル

最近注目を集めているココナツオイル。
実は私も大好きです。
料理に使う場合は、それでも太ってしまうのかな?って思ってましたけど、そんなことはありません。
髪の毛とかにツヤが出てきますよ。
ダイエットにもいいみたいです、現在私はダイエットしてないので分からないのですが、
多くの人がそう言ってます。
他のオイルを使うならココナツオイルにしてみては、ということなのだと解釈してます。

ココナッツオイルダイエットのやり方は一日3~4杯程度、
コーヒーなどの飲み物に入れて飲むだけととても簡単な方法です。
すぐにダイエット効果を得るというよりはじわじわとダイエットしていく感じですが、
便秘解消や美肌効果もありますので、特に女性におすすめです。

女性は便秘ぎみですからね。

ココナッツオイルは免疫力を高めるとも言われているので、
ダイエット中に体調を壊してしまうなどの心配もあまりしなくていいので、
ココナッツオイルダイエットはいいとこどりのダイエットだと言えると思います。

ダイエットとしてはどう使うのか、はよく分かってません、あしからず。

ゴルフ

時々、「ゴルフはスポーツか?」なんて議論がされるみたいですけど、
私も「うんうん、その議論はして正解!」って思います。
ゴルフってスポーツなの?


とある人が安倍首相に
ゴルフは娯楽か?スポーツか?接待か?
と質問したことが取り上げられていました。

その番組では視聴者からの意見をメールで受け付けています。
わたしは今まで一度もメールを送ったことはありませんでしたが、「ゴルフは娯楽か?スポーツか?」については
なんだかメールしたくなったものです。

ゴルフってスポーツなの?って思ったのはだいぶ前ですが、
ゴルフを知れば知るほど、
スポーツ???の考えが離れなくなります。

でも反論する人ももちろんいて、
すごい疲れる
とか
ルールに沿ってやってるからスポーツだ
とか、
いろいろでした。

あなたはどう思いますか?
ゴルフが好きでやってる人は「スポーツだ!」って言うんじゃないかな。

結婚と離婚

とある女性が結婚と離婚を繰り返し、たくさんの子供を産んで育てて(?)いるという話題を知っていますか?
実名は出しませんが、テレビによく出てるみたいです。

なんでも生い立ちに関係してるらしくて、父親からのDVにはじまって、
どうやら人に依存して生きてるっぽいという分析でした。
なんの、誰の分析?ってのはつっこまないとして。

衝動的なところがあるから結婚、出産、離婚、また結婚、出産、、、と続いていくのだそうです。

男性からすると、そんなところが女性的に見えて、それがモテるゆえんなのだとか。
そうなんですねー。
もうここまで来たら何人いても子育ては出来るぞ、という考えなのだ、ともありました。
すごすぎるー。

結婚と離婚を繰り返す人、実は身近にいて知っていますが、
女性的か・・と思えば・・・・・男性からしたらそうなのかもです。
同性って分かりにくいですよね。

それにしても立派です、。たくさんの子供を産んで育てるって簡単じゃないですしね、頑張ってほしいです!

なんだか疲れたー

疲れてしまいました。
いろいろとありましてー。

疲れた時は・・・そう、美味しいものを食べるに限りますね!
今日は美味しいグラタンでも作ろうと思ってます。
あんがい簡単なんですよ、グラタンって。

余ったご飯があればご飯の部分はそれでいいし、ソースは「ホワイトソースの元」で代用。
簡単でしょ?
グラタンって、フランス語の「焦げ目をつける」という意味からきてるそうです。
なのでオーブンで焼くときは焦げ目をね!じじじって音がするくらいまで。

想像しただけでヨダレが。
疲れた時のヨダレってやばい。

ということで、今日はグラタンですが、毎回グラタンかっていえばそうでもなく、
ストレス解消に食べるものとしては、大好きなパンをひたすら食べる、とか、
なんだかそういう無謀な事もしています。いけませんねー。
でもストレスが溜まるよりはいいのではないでしょうか笑

同棲にもルールが?

同棲をする人が多いのですが、同棲そのもののルールもあるけど、
はじめる前のルールってのがあるみたいです。


どちらかのアパートに転がり込んだり、
中途半端な気持ちで半同棲から同棲を始めてしまっては、
お互いに覚悟がないために、高い確率で破局してしまいます。

同棲をして破局をするとダメージを受けるのは女性の方!
そうなる前に、1番肝心なのが「両親への挨拶」。
これは、面倒なことですが何歳になっても必ずやるべき!

だとか。。。(そう?)

お互いの両親への挨拶をする事で、いずれは結婚へ...とメンズに覚悟が生まれ、
責任感がでてくるので、安易な気持ちで破局をしたりすることはなくなるのだそうです。(そう?)

もう1つには、期間を決めること、なんだそうで。
付き合いが長いカップルは絶対にしておくべき約束事は、同棲期間を決めるということが大事だって、、、
書いてあるのを読みました。

同棲期間を決めておくことで結婚せずにズルズル同棲が続いて、
あっという間に結婚適齢期を超えてしまった...ということもなくなるんだって。


でも、、、はじめから結婚を考えてるならまだしも、そうじゃない人は関係ないでしょうねー。

誇りの持てる職場!

産業看護師していると病院勤務していた時の辛い時期を

時々思い出すことがあります。

忙しいばかりの毎日で、あっという間に時間が過ぎていってたけど

自分の仕事に誇りを持つなんて気持ちにはなれなかったなぁ。

それに比べて今はそこまで忙しくはないけど一つ一つの仕事にしっかり

時間を割くことも出来るし看護師としての誇りを感じることが出来ます。

看護師と一口に言ってもいろんな形があるよね。

病院でも小さなクリニックや大学病院のような大きな病院だったり。

私は今自分がいるこの場所が最適です。

定年退職まで頑張れそうな気がしちゃってるんだよね!

そんな職場を見つけることが出来た私ってかなり幸せ者だよねぇ。

多くの人に私みたいな快適な職場を見つけてほしいなっ。

崎谷健次郎に癒される

崎谷健次郎っていう歌手を知ってる?

私は今日はじめて知ったんだけどとっても癒される歌声です。

私が看護師として働いている企業には男の人の方が多いんだけど

その中で一人私と音楽の好みがすごく似ている人がいるんだよね。

友達関係なんだけどその人からお勧めされて聴いてみたんだけどすごいです。

きれいな声で優しい歌声で...ちょっと寂しげな感じもするけどいい歌がたくさん。

ただ、テレビに出ているところなんて見たことがないから一体どんな人なのかって全く知らないんだけどね。

最近音楽を聴くなんてほとんどなかったから久々に思いっきり癒された感じっ。

この人のコンサートとかがあれば一度行ってみたいって思うけど、どんな活動しているのか全然知らない...。

今度また詳しい人に色々聞いてみようと思ってます。

 

慣れること...

最近ちょっと病院勤務の看護師に憧れに近い気持ちを抱いてしまっています。

もちろん今いる場所での仕事にも誇りを持ってやってるんだけど...。

この場所に慣れてしまっているってことなのかもしれませんね。

毎日何にも変わらない周囲の環境で働いていることに飽きてしまった...。

飽きたなんて仕事に対して思うべき感情じゃないってことはわかってるんだけどね。

病院勤務にあこがれているっていってもだから転職!なんて気持ちにはなかなかなれないんだけどね。

慣れてしまっているからその場所から新たな場所へ移る勇気はない。

仕事がなくて困っている人もたくさんいるんだからこの場所が飽きたから別の場所...なんて気持ちを持つこと自体不謹慎なのかもしれない。

だから誰にもこの気持ちはいってないんだ...。